1.  > 
  2. ハイボルテージ治療 > 
  3. 自転車でこけて、膝を痛めサッカーが出来ない
ハイボルテージ治療 598 ビュー

自転車でこけて、膝を痛めサッカーが出来ない

10代男性

<発生機序>

自転車に乗っていて、転倒し左膝を痛めた。

<主訴>

足が上がらない。膝を曲げ伸ばし出来ない。

<状態>

左膝内側側副靭帯損傷,骨打撲(腫脹、疼痛、熱感)

<アプローチ>

ハイボルテージ治療計40回、膝関節の運動、運動指導、包帯固定、テーピング

サッカーができるようになったため、治療を終了する。

 

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る