1.  > 
  2. ハイボルテージ治療 > 
  3. 交通事故による頚部の痛み
ハイボルテージ治療 423 ビュー

交通事故による頚部の痛み

<発生機序>
交通事故による首のむち打ち。

<主訴>
痛みが強く、首を動かせない。

<状態>
頚部の伸展、回旋の制限。運動時痛及び疼痛。

<アプローチ>
1週間、毎日継続して、手技治療とハイボルテージ治療を実施した結果、
回旋制限の改善、運動時痛及び疼痛の大幅減少。
伸展時の運動時痛が残るため、手技治療とハイボルテージ治療を継続中。

 

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る