腰部の痛みにお悩み|兵庫県宝塚市 阪神バス「中野住宅前」バス停下車徒歩1分にあるショックマスターもできる山岡整骨院

腰部の痛みにお悩み

TROUBLE
腰部の痛みにお悩みはありませんか?

日本で腰痛に悩む人は大勢いて、ほとんどが原因を特定しにくい非特異的腰痛と言われています。
こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?
  • 腰痛 動けない
    動くと背中から腰にかけて痛い
  • デスクワーク
    同じ姿勢でいると背中や腰が痛い
  • 腰 反れない
    腰を反らすことができない
  • 慢性 腰痛
    慢性的に腰痛がある
日本整形外科学会の調査によると、日本で腰痛の人は約3000万人いるとされています。このような腰の痛みを放っておくと、悪化して痛みがひどくなる、治療に時間がかかってしまうことがあります。早く回復するためにも早期受診をおすすめします。

腰部の主な症状と原因

腰部の主な症状と原因
  • 腰痛・腰椎椎間板ヘルニア
    腰痛・腰椎椎間板ヘルニア
    背骨をつなぎ、クッションとしての役目がある椎間板は、繊維輪と髄核で出来ています。髄核の一部が神経輪からでてきてしまい、神経を圧迫することで症状が出てきます。加齢による椎間板の断裂、というパターンが特に大半を占めます。症状は腰や臀部の痛み、下肢に力が入らなくなるなど。また、背骨が横に曲がって変形し、重いものが持てないなど日常の動作に支障が出てきます。
  • 腰部脊柱管狭窄症
    腰部脊柱管狭窄症
    脊髄は神経の束です。その脊髄を保護する脊柱のなかでも特に腰骨にあたる部分に変形が生じて脊髄を圧迫している状態を、腰部脊柱管狭窄症と言います。主に加齢が原因とされ、中高年に多発します。足のしびれから始まり、腰痛や腰周りの重さ、だるさ、張りなどが現れることも。特徴的な症状の一つに間欠性跛行(かんけつせいはこう)があります。
    歩いているうちに、徐々に足にだるさやしびれが現れ、休憩するといったん落ち着きますが、歩くのを再開するとまただるさやしびれが現れる、というものです。重度の腰部脊柱管狭窄症になると、歩行が困難になり、日常生活に多くの制限が課せられます。
  • 腰椎分離症
    腰椎分離症
    過度のスポーツや腰部のひねる動きなどで、腰椎の後方部分に負担がかかり、疲労骨折(分離)することで起こる病気です。特に10代の成長期に多く、一般の人では5%程度ですが、激しく腰をひねる動作やジャンプする動作を行うスポーツ選手だと30~40%ほどが発症します。症状は腰痛から始まります。
    腰痛の症状はありふれたものですが、腰椎分離症の腰痛は状態を反らす動作をすると痛みを感じるケースが多くあります。症状に気づかずひどくなると、腰椎分離すべり症に移行することがあります。腰椎分離すべり症に移行すると様々な神経症状が発生し、日常生活に大きな支障が出てきます。腰椎分離症の段階で適切な治療を行いましょう。
  • 心因的な腰痛
    心因的な腰痛
    近年ではストレスや抑うつ状態、不安などから腰痛を発症するケースもみられています。ストレスが交感神経系を刺激して筋肉の緊張を促進し、疲労につながる場合や、心理的な不安やストレスを抱えた状態で日常生活を送るうちに姿勢のバランスが崩れたりすることが原因で起こるという説もあります。大きな内臓疾患や神経、関節の疾患がない場合、この心理的な腰痛である可能性があります。

あなたはどの疾患に当てはまる?簡単セルフチェック!

あなたはどの疾患に当てはまる?簡単セルフチェック!
腰痛は放っておくと日常生活に支障をきたす病気になってしまうこともあります。簡単なセルフチェックで腰痛の危険度を調べることができます。
  • 腰痛の危険度
    腰痛の危険5
    セルフチェック
    ①じっとしていても痛む
    ①じっとしていても痛む場合は、重い脊椎の病気や内臓の病気の可能性があります。
  • 腰痛の危険度
    腰痛の危険4
    セルフチェック
    ②背中が曲がってきた
    ②の背中が曲がってきた、に当てはまる場合、骨粗しょう症によって背中の骨に圧迫骨折が起こっている可能性があります。女性に多く、50歳をすぎて背中が曲がってきたら注意が必要です。
  • 腰痛の危険度
    腰痛の危険3
    セルフチェック
    ③お尻や脚が痛む・しびれる
    ③のお尻や脚が痛む・しびれる、といった症状に当てはまる場合、腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの腰の神経の障害が起こっている可能性があります。
  • 腰痛の危険度
    腰痛の危険2
    セルフチェック
    ④脚のしびれにより長く歩けない
    ④の脚のしびれにより長く歩けない、といった症状に当てはまる場合、腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの腰の神経の障害が起こっている可能性があります。
  • 腰痛の危険度
    腰痛の危険1
    セルフチェック
    ⑤体を動かしたときだけ 腰だけ痛む
    ⑤の体を動かしたときだけ腰が痛む、のみが当てはまる場合は直ちに危険な症状がある可能性は少ないでしょう。腰の椎間関節や筋肉などが原因の腰痛である可能性が高く、ほとんどの腰痛は一か月程度で良くなります。

TREATMENT
日常生活で起きる腰痛でお困りの方はでお悩みの方は当院へ

日常生活で起きる腰痛でお困りの方はでお悩みの方は当院へ
当院では、スポーツで起こる腰痛、日常生活で起こる腰痛、骨折後、術後の腰痛など様々な腰痛に対応しています。

ギックリ腰などの痛みの急性期にはニューボックスなどの最新機器を使って痛みを軽減させる施術を行います。

また日常生活が快適に送れるように運動療法も取り入れています。スポーツを楽しむ若い世代の方から、中高年の方まで、年代や運動能力別に合わせたストレッチやトレーニングも行っています。腰痛でお困りの方は一度、当院でご相談ください。

VOICE
お客様の声