手部・肘部に関するお悩み|兵庫県宝塚市 阪神バス「中野住宅前」バス停下車徒歩1分にあるショックマスターもできる山岡整骨院

手部・肘部に関するお悩み

TROUBLE
手部、肘部の痛みでお悩みではありませんか?

宝塚市にある山岡整骨院ではカイロプラクティックや
最新機器による施術が可能です。
こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?
  • 準備中
    手首から親指の付け根の周辺が痛む
  • 準備中
    指先にしびれや痛みがある
  • 準備中
    転んで手をついてから痛みがある
  • 腱鞘炎
    腱鞘炎で悩んでいる
手や肘は日常の動作でもよく使う部位です。手や肘に痛み、不快感、しびれなどがあると日常生活を送るのが大変になります。当院では手や肘の痛みにも対応した治療を行っています。手や肘の痛みにはどのようなものがあるのか、当院でもよく扱う症状を解説していきます。

手部の主な症状と原因

手部の主な症状と原因
  • 狭窄性腱鞘炎
    狭窄性腱鞘炎
    別名「ド・ケルバン病」とも言い、手首から親指の付け根の周辺に生じる炎症のことをさします。親指を使いすぎることによって、腱や腱鞘に負荷がかかることが原因とされています。
    特に30代~40代の女性に多く、妊娠や出産、更年期に発症しやすい腱鞘炎です。
  • 手根管症候群
    手根管症候群
    糖尿病や関節性リウマチ、妊娠や甲状腺疾患の方に多く見られ、手首に対する運動負荷が原因で起こります。正中神経が圧迫されることで、小指以外の指先にジンジンするしびれが現れます。また、就寝中に手根管の内側の腱がむくみ、明け方痛みとして症状が出てくることが特徴です。
  • 橈骨(とうこつ)遠位端骨折
    橈骨(とうこつ)遠位端骨折
    前腕を構成する骨のひとつである橈骨が手首の付近で折れてしまう外傷です。転んだ時に手をついたときなどに発生します。
    どの位置で骨折したかによって、コーレス骨折、スミス骨折、バートン骨折といった名称に分けられます。
  • 舟状骨骨折
    舟状骨骨折
    舟状骨とは、手の関節を構成する8つの骨のうちの一つです。手関節の中でも親指側に位置し、船底の湾曲に似た形をしています。サッカーなどの競技者に多く見られる骨折で、10代~20代の若い人が大半です。骨折直後には痛みと腫れをともないますが、骨のずれが少ない場合は痛みも少なく、捻挫と診断されてしまうことも。
腫れや傷みが引くといったん治癒したように思えますが、骨が適切な位置に戻っていない場合、骨が分断されたままになってしまいます。骨が分断されたまま時間が過ぎると、本来関節ではないにもかかわらず、関節のように動くようになってしまいます。こういった関節のような動きをする骨は偽関節と呼ばれ、痛みや手の機能障害を引き起こします。

肘部の主な症状と原因

肘部の主な症状と原因
  • 肘部管症候群
    肘部管症候群
    手の指先の運動や感覚を司る尺骨神経(しゃっこつしんけい)に障害が出ることで生じます。症状は小指側のしびれや握力の低下などが見られ、長引くと生活の質が劣ってしまいます。
    主に大工や工場で肘を長時間使う人に多く発症します。中には、野球や柔道などのスポーツが引き金になることもあります。
  • テニス肘
    テニス肘
    テニス肘とは上腕骨外側上顆炎のことをさします。原因ははっきりとはわかっていませんが、手首を伸ばすはたらきをする短橈側手根伸筋に負荷がかかると発生しやすくなるようです。
    テニスのようにラケットを振ったりボールを持つなどの手首に負荷のかかるスポーツが原因となるほか、日常動作で重いものを持ったり、手首を引っ張ったりといった動作が原因になることも。
    症状は、ある一定の動作をしたときに、肘の外側から前に向かっての痛みが特徴的です。タオルを絞る、モノを持ち上げるなどといった動作で痛みが生じます。安静にしていると痛みは落ち着きます。

TREATMENT
手部・肘部の症状でお悩みの方は当院へ

手部・肘部の症状でお悩みの方は当院へ
手や肘のケガや炎症は長引かせると生活の質にも影響が出てきます。

当院では関節の痛みにはショックマスターやニューボックス2[NEUBOXⅡ]を使った最新機器による施術を行っています。

早期回復を目指し、元の生活に早く戻れるようにケアしていきます。必要に応じてカイロプラクティックやテーピングなども合わせて行います。手や肘の違和感、しびれ、不快感などを感じたら当院へお越しください。

VOICE
お客様の声