1.  > 
  2. ハイボルテージ治療 > 
  3. 急性腰痛による腰の回旋制限
ハイボルテージ治療 329 ビュー

急性腰痛による腰の回旋制限

<発生機序>

起床時に突然腰が痛くなる。

<主訴>

背筋を伸ばして歩けない。寝返りが痛い。

<状態>

左仙腸関節の圧痛、腰部左回旋制限。

<アプローチ>

骨盤矯正、骨盤周りの筋肉モビリゼーション、ハイボルテージ治療。

2度の治療により、症状改善のため治療終了。

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る