1.  > 
  2. ショックマスター > 
  3. 右足首の変形性関節炎
ショックマスター 163 ビュー

右足首の変形性関節炎

30代男性

<発生機序>1年前サッカーの試合中に捻挫をしてその後何度も捻挫をして負傷。

<主訴>
足首に体重をかけると痛い
走行時ボールを蹴るときに痛い

<状態>
整形外科でレントゲンを撮って距骨に骨棘が認められた。
関節の可動域制限及び圧痛あり

<アプローチ>
ショックマスター計6回、関節のモビリぜーション、体重のかけ方を指導
経過サッカーの試合に出て普通にプレーができるようになったが、終わった後まだ少し痛みが残る為。治療継続中

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る