1.  > 
  2. ショックマスター > 
  3. 右手首の腱鞘炎
ショックマスター 469 ビュー

右手首の腱鞘炎

<発生機序>
料理をしていてフライパンや包丁を使用していると痛みが出てきた。

<主訴>
右手親指を四指で覆い尺屈側に動かすと痛みが強く出る。

<状態>
右手首の腫脹、運動制限。

<アプローチ>
関節モビリゼーション、ショックマスター計8回。
症状軽減により、ショックマスター治療を終了している。

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る