1.  > 
  2. ショックマスター > 
  3. 足底筋膜炎による歩行時の痛み
ショックマスター 454 ビュー

足底筋膜炎による歩行時の痛み

<発生機序>

長年歩行中にかかとに痛みを感じていた。

 

<主訴>

歩行中に左右のかかとに痛みを感じる。足首を曲げても痛くないが触れると痛い。

 

<状態>

左右足底筋膜炎、踵骨足底部の腫脹と熱感有。

 

<アプローチ>

足首の関節モビリゼーション、

左踵骨はショックマスター計2回で症状改善の為治療終了。

右踵骨はショックマスター計7回、歩行時の痛みが改善されるが、現在も治療継続中。

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る