1.  > 
  2. ショックマスター > 
  3. 右手首の腱鞘炎
ショックマスター 498 ビュー

右手首の腱鞘炎

右手首の腱鞘炎
40代女性

<発生機序>
病院勤務でよく手を使っていて2年前より負傷。

<主訴>
重いものを持つと痛い。手首が浮いている感じがする。キャップの蓋が開けれない。

<状態>
遠位撓尺関節の離開、手関節の撓骨側の筋肉の腫れ。

<アプローチ>
衝撃波治療器5回施術、手関節の矯正、テーピング固定。

<経過>
症状が改善し治療終了。

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る