1.  > 
  2. ハイボルテージ治療 > 
  3. ハンドボールでつき指。
ハイボルテージ治療 516 ビュー

ハンドボールでつき指。

<発生機序>

学校の球技大会にてハンドボールを行いボールが左手薬指に当たり負傷する。

<主訴>

薬指を最大限曲げたり、付け根を押さえると痛みが出るため、

部活のテニスをするのが不安である。

<状態>

第4指MP関節の捻挫。

<アプローチ>

ハイボルテージ治療を計5回実施。

テニスのラケットを握ったりラリーをしても痛みが出なくなったため、治療終了。

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る