1.  > 
  2. ハイボルテージ治療 > 
  3. 肩部急性捻挫
ハイボルテージ治療 375 ビュー

肩部急性捻挫

<発生機序>

テニスでサーブを打ったとき、急に痛くなった。

<主訴>

右肩周辺が痛くて、腕を上げられない。

<状態>

棘上筋、烏口腕筋の損傷、疼痛及び運動時痛。運動制限。

<アプローチ>

二日続けて、ハイボルテージ治療と手技治療を実施し、症状が軽減。

翌週の通院時には、症状が激減した為、ハイボルテージ治療を終了。

その後、手技治療のみで2回通院し、症状が改善。

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る