ショックマスター 230 ビュー

五十肩

<発生機序>

3週間前から腕を使う作業をしていて痛みを感じるようになった。

<主訴>

首を動かしたり肩を動かすと右腕、右肩、背部に痛みを感じる。

<状態>

背部筋の腫脹。運動時痛及び就寝時痛。

<アプローチ>

肩甲挙筋、僧帽筋、棘上筋、棘下筋等へのマニュピレーション。

ショックマスター治療を計7回。6回目で痛み消失し、背部筋の張りが残っている状態。

痛みが消失したため、治療を終了とする。

  • 受付時間
  • お電話でのお問合せ

ページトップへ戻る